1日でメディアに取材される ノウハウを伝授!広告費0円で メディアPR 集客セミナー

 

(前3)日本唐揚協会の秘密ついに公開:日本唐揚協会の秘密1
(前々)なぜメディアPRが必要なのか?:日本唐揚協会の秘密2
(まえ)プレスリリースの書き方:日本唐揚協会の秘密3
(ここ)1日でメディアに取材される ノウハウを伝授!広告費0円で メディアPR 集客セミナー

 

あなたへ

 

やすひさてっぺい です。

 

いつも唐揚げやらカレーパンやらITやらありがとうございます。

 

昨日送るはずだったんですけど、ちょっと身体にガタがきたかな?

 

朝早起きして送るはずが、身体が睡眠を欲しているのですかねぇ

 

まあ、なんか筆が進まない時ってありますよね。

 

前回書いたヤツは本当に基礎的な話しか書いていないのですが、

 

反響よく、嬉しくなって、ちょっと書くの満足しちゃったのかな?

 

と自己分析していますが、それを伝えたかったわけではないので、

 

早速続きを書いていこうと思います(笑)

 

で、昨日は「どのようにプレスリリースを書くか」って話でしたよね?

 

1.プレスリリースとチラシを間違わない
2.お客様のためでなく、記者さんのために書く
3.最初のページは4段構成のテンプレートに則って書く

 

こんな感じでしたよね。

 

やすひさが書くプレスリリースの基礎中の基礎部分ですので、

 

絶対に外さないでくださいね^^

 

で、今日は毎回触る程度にお伝えした講座の話をさせてください。

 

1日でメディアに取材されるノウハウを伝授!
広告費0円で メディアPR 集客セミナー

 

そもそも何やるの?って感じですよね^^

 

本来は10日かけてやってもいいかと思うのですが、

 

皆さんもお忙しいと思い、1日に詰め込み、ガッツリ行いたいと思います。

 

最初に

 

 1プレスリリースとは
 2プレスリリースの目的

 

をお話いたします。

 

やすひさの講座では、必ず最初に定義づけを行います。

 

そして趣旨、目的、この業務は何のためにするのか?

 

ここが曖昧だったり、ブレたりすると、

 

時間がたった後には、

 

必ずブレて結果が伴わなくなり、

 

辞めざるを得ない

 

物事を進める上で、大体こう言う結果になりますよね。

 

そりゃそうですよね。

 

いくらやっても結果が出ないんだから。

 

だからスタートとゴールの設定をする訳です。

 

スタートは「とは」。ゴールは「趣旨・目的」です。

 

あー。正確には「とは」は進む上でのルールに近いですかね。

 

まあ、どちらにしてもそれが無いとスタートできないのです。

 

なので、最初はコレが必須で外せません。

 

逆にここを知るだけでも、最終的にはゴールへはたどり着けます。

 

時間はかかるかもしれないですけど、

 

多分、やすひさと同じように色々試行錯誤の果てに、完成すると思います。

 

まあ、それだけ大事ですってはなしですね^^

 

 3.企画のやり方
 4.ネタ探しの方法

 

次はコレですが、

 

こんな企画の方法なんて絶対に知らないですよね(笑)

 

誰も教えてないので、絶対皆知らないやすひさの宝だと思います。

 

プレスリリースしたいなーと思って、

 

書き方は色々探せば4段構成なのはわかるし、

 

なんとかなると思いますが、

 

実施する内容を、

 

とある方法で更に取り上げられやすくする

 

そんな手法をここではお伝えします。

 

例えばイベントをやるにあたり、

 

やる内容はもう決まっていますよね。

 

その内容が取り上げられやすいキーワードが入っているか

 

内容自体がキャッチーで、記者さんの琴線に触れやすいか

 

と言うか、そもそもそんなキーワードがわからないとは思いますが、

 

この企画とネタ探しでは、アプローチの手法を2手に分けて、

 

まずイベント(ここでは催事に限らずやる事の意味)が決まっていて、

 

そのイベントありきでプレスリリースを書くパターンと、

 

とにかく取り上げられて、世に我が社(団体)があるんだと知らしめるために、

 

最初にプレスリリースありきでプレスリリースを書くパターン。

 

コレをお伝えします。

 

あるんですよ。

 

わかってくるとなんですけど、

 

このタイミングでリリースして取り上げてもらってた方が、

 

絶対に効果的なのに、ネタがない!

 

みたいな場合が(笑)

 

やすひさが集めた、

 

プレスリリースで取り上げられやすくなるキーワード全集もお伝えしますよ(お得!(笑))

 

 5.プレスリリースの書き方

 

コレは割と、PR会社だったり、メディア系でも教えてくれたりします内容です。

 

前回書いた4段構成の話とか、

 

(たまに前時代の書き方を今も教えているところがあります)

 

大体プレスリリースについて行われるセミナーは、

 

この書き方系がほとんです。

 

で、やすひさはその書き方を完全に理解した上で、

 

ヒヤリングしたり、検証したり、

 

結果、どう書けばどう反応してもらえるかを試行錯誤した結果がありますので、

 

その最終形をお伝えする感じです。

 

記者さんの感性は、

 

やはり色々なリリースを毎日毎日み続けているし、

 

実際取材するところは、「コレは!」と思って行って直接見聞きする訳ですから、

 

相当ハードルが高いと思っていいと思います。

 

中途半端にしたら、大体そのハードルは超えられません。

 

でも、

 

あなたの「当たり前」が

 

世の中の「とんでもない」である場合は少なくありません。

 

なので、その辺りも含めてお伝えします。

 

 6.送付カレンダータイミング

 

やすひさは、事業を行う上で全て季節になぞらえて実施しています。

 

で、季節と共に、

 

プレスリリースに最適なタイミングというものが存在することを、

 

わかってしまったのです!(驚)

 

実際に取り上げられるかは運の要素もあるんですけどね(笑)

 

でも、そのタイミングで行うと、メディアヒエラルキーの上へ伝えられ、

 

全メディアへスムーズに周知することができます。

 

やすひさはあまり、この手法を使って外したことがありません。

 

それが全部詰まった1枚のカレンダー

 

『テペ式実現カレンダー』

 

というものを作っていて、

 

非売品なのですが、

 

リアルで参加してくださった方には、

 

このカレンダーをリアルにプレゼントします。(お得!(笑))

 

(オンラインの方には、作り方も合わせてお伝えしますのでご自身で作ってみてください)

 

コレWEBでは書いてなかったっけかな?

 

どこかに入れておきます(汗)

 

あれ?ちょっと長くなってきましたね?

 

ちょっと長くなっちゃたので、ちょっと端折って

 

 10.添削と回答

 

こちらをお伝えしますね。

 

これまた実はすごいやつなのですが、

 

やすひさのプレスリリース理論を知って、

 

その上で書いてみたリリースを、やすひさ本人が添削するというものです!

 

何がすごいって、やすひさ結構時間がありません(笑)

 

それでも、コレをもしあなたが受講したとしたら、

 

やすひさ自身があなたのプレスリリースに赤ペン先生をします。

 

コレを自分で言うのはアレなんですけど(笑)

 

この内容や体系を一番わかっているやすひさが、

 

直接添削するって言うのは、絶対にあなたの血と肉になりますよね?

 

だって、それまでは伝えるだけですから、一方通行。

 

実際やってみてポイントがわかるはずですけど、

 

それがずれてたりしても一方通行だったら直せないですよね。

 

で、中途半端なまま結果が出ずに終了。

 

って、誰も得しないじゃないですか。

 

だから、ここはやすひさが責任を持ってやりたい!って言いました。

 

どれだけ時間がかかるかわかりませんが、

 

やりたいんです。

 

ちなみに、他のプレスリリースを教えてくれるところは、

 

(あ、やすひさ理論のプレスリリースを教えてくれるところは無いですよ^^)

 

数は少ないですが

 

添削サービスで、

 

5万円〜8万円

 

払わないとやってくれないみたいですね。

 

結構高いんですね。

 

やすひさがやって後悔するくらい大変だったら、

 

今後は添削サービスはオプションにするかも(笑)

 

ですけど、今回は意地でもやりますし、

 

やすひさがこのノウハウを仕上げるために投資した金額は、

 

数百万円は行っちゃっていますので、

 

圧倒的にお得だと思っています。

 

じゃあ

 

 何故それを公開するのか?

 

やすひさは、これからの時代はやはり共有の時代だと思っています。

 

まあ、すでにそうなっていると思っているんですけどね。

 

で、やすひさがマニアックに拾い集めて体系化したものは、

 

多分しばらくの間は、やすひさが独り占めしても恩恵を受けられると思います。

 

やすひさ一人だけ。

 

でも、今までのプレスリリース界で教えていることの経緯を考えると、

 

5年、下手すると10年もつかもしれませんが、

 

でも、どっちにしても陳腐化してまた時代に合わせて変える必要があります。

 

どうせ陳腐化するんですよ。ノウハウなんて。

 

だったら、アンテナ高く、吸収力の高い、有能の人に活用してもらって、

 

更に時代に合わせた形に変わっていく際の仲間になってもらったほうが、

 

圧倒的に建設的だと思っています。

 

唐揚げだ〜!カレーパンだ〜!

 

協会やコミュニティーの時代だ〜!

 

なんて言っている、やすひさと同じ土俵の人はいませんし(笑)
(同じ土俵だったら追いつかれない自信はありますよ)

 

それぞれの環境でやすひさプレスリリースが活用されれば、

 

良質な情報がマスメディアを通じて、

 

我々の元へ届きやすい世界が来ると思っています。

 

信じていると言った方が近いですね。

 

うまくすれば、デジタルデバイドなんて言われる情報格差がなくなって、

 

やすひさも専門以外の情報を正しくキチンと受け取れるようになれば、

 

絶対に今より便利で楽しいことへ進むスピードが増すと思っています。

 

何より、やすひさの周りには発信すべき情報をもつ人ばかりです。

 

価値ある情報なのに、身近な人しかわからないような伝え方で、

 

え?知らなかった!

 

が頻発しているのをみて、

 

 なんてもったいない!!!

 

と思いまくるやすひさがいるわけです。

 

だから、せめてアンテナ高い人だけでも、

 

コレを伝える機会をつくるのはアリだと思って開催を決めました。

 

で、そんなこと言っているやすひさが、

 

身近な人にだけ伝えているのは何故か(笑)

 

白状します。

 

完全にテストマーケです。

 

もし、今回のコレが本当に需要がある、必要である。

 

と思ってもらえるならば、

 

キチンと世にリリースすることになります。

 

だからある意味、

 

未公開株を買いませんか?的な、

 

先行者メリットを享受しませんか?的な、

 

特別なご案内をしていると捉えていただければいいかと思います(笑)

 

 

 

やっぱり長い(笑)

 

もしまだ、あなたが講座の内容をみてない場合は、下記を見てみて下さい。

 

もしかしたら、あなたの周りにいる人で必要な人がいるかもしれません。

 

ぜひ、この記事を転送して教えてあげて下さい。

 

https://press.kyokai.academy/

 

ちなみに、まだ伝えられてないことがあるので、

 

明日送れたら送ります^^

 

いつもありがとうございます!!!

 

(前3)日本唐揚協会の秘密ついに公開:日本唐揚協会の秘密1
(前々)なぜメディアPRが必要なのか?:日本唐揚協会の秘密2
(まえ)プレスリリースの書き方:日本唐揚協会の秘密3
(ここ)1日でメディアに取材される ノウハウを伝授!広告費0円で メディアPR 集客セミナー

 

 



 

関連記事

  1. なぜメディアPRが必要なのか?(日本唐揚協会の秘密2)

  2. 第9回からあげグランプリ授賞式開式

  3. 協会大学オープンキャンパス

  4. プレスリリースの書き方(日本唐揚協会の秘密3)

  5. 日本唐揚協会の秘密ついに公開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. NEWS

    日本唐揚協会の秘密ついに公開
  2. 想うこと

    学ぶ循環
  3. 想うこと

    好きなことで生きていく為に必要な3つの研修
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。