Skip to content →

複数のブログ運用で困った場合にとるただ一つの方法

 

かつての残骸アメブロ

アメブロを昔使っていたのですが、

現在はLINEブログのオフィシャルに登録されたので、

アメブロは使わない様になっていました。

なんとなくただ駄文を書いていただけだったので、

誰も読んでいなし、いいかなって思っていたのですが、

せっかくアメブロあるのに

活用しないのは勿体無いなと

5年ぶりに思う様になり、

(5年前にLineブログに引っ越しております
https://ameblo.jp/karaagenist/entry-12003389987.html

ちょっと手入れをして使える様にしようという試みです。

 

書く内容が無いよ(泣)

とはいえ、書く内容は特にありません(汗)

今はこのオフィシャルサイト
https://yashisa.teppei.org/

にメインで書いていますし、

どうでもいいことというか、

やすひさの日常は、

Lineブログのオフィシャルブログで書いています。
(最近は特に書いていません(汗))

まあ、それぞれ役割を変えたことで、

2つの記事の書き先があるという訳です。

それをブログの数だけ増やすとなると、

管理も複雑になりますよね。

ってことで、活かすと言ってもどうできるのか?

と思案しっぱなしな訳です。

で、考えたのが、

同じ内容をアメブロで読んでもらえば良くない?

行けるかな?

っと思って色々調べると、

どうも都合が悪い。

 

コピーサイトの罠

もちろんやすひさはIT社長なので知っていましたが、

結構詳しく明確に書いているサイトが多くありまして、

そこではどれも同じ結論に至っています。

それは、

コピーサイトは検索で悪影響

検索に引っかからなくなるということですね。

特に検索で引っかかって欲しいかというわけではありませんが、

何かしらやすひさの書いたものが、

誰かの役にたつならと書いていますので、

わざわざ誰の目にも触れなくするのだったら、

紙で日記でもつけろよってなりますもんね。

ということで、

全くサイト内容のコピーはNGということになりました。

じゃあどうするか?

 

今のWordpressサイトへ誘導

書く内容はやはり無いわけですよ。

なのですが、アメブロの人たちには伝えていく

って考えたら、

途中まで書いて「続きはWEBで」

みたいな奴にすれば、

コピーでは無いけど、

書いた内容は読んでもらえる。

って寸法になるわけです。

はい!

ということで、

とりあえず、残骸となったアメブロは、

WPサイトへの誘導出張所にします。

 

ちょっと宣伝

こんな話をいっぱい書いているステップメールがあります。

無料なのでよかったら読んでみてください。


「楽しんで勝つ」人養成メール講座
(無料メール講座)

 

 

 

最後に


読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、はてブ追加やツイッターなどSNSシェアをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

あなたにプレゼント


この記事を読んでくれたあなたに、よかったら下記のプレゼント受け取ってもらえたらと思います。
(PDFダウンロードなのでPCのみ)
パソコンでアクセスするとIDとPWを聞かれますので、下の方に隠れてるIDとPWを入れて進んでください。

ID:present PW:arigatou


執筆者 プロフィール


やすひさ てっぺい

  • 1975年3月28日牡羊座、A型
  • 鹿児島県種子島生まれ
  • 日本大学経済学部産業経営学部卒

今、日本の飲食業界だけでなく、コミュニティ構築、協会運営などでも最も注目を集めている一般社団法人日本唐揚協会の創業者

独自のWEB戦略で、公開より半年間に唐揚げ好き(カラアゲニスト)1,000人以上の会員を集め、現在150,000名(2020年6月現在)を超える世界最大のファン協会組織『日本唐揚協会』を運営

多い時は10万人以上を集めるからあげイベント「からあげカーニバル」「からあげフェスティバル」をはじめ、様々な唐揚げの啓蒙活動を行う他、ローソン『からあげクン』ご当地唐揚げシリーズや、ニチレイ『からあげチキン』など、様々な唐揚げ関連商品のプロデュースなども手掛け、数多くのヒット商品を生み出すヒットメーカーとしても活躍

「日本中へ 自分の好きなコトを生き生きとできる【やり方】と【考え方】を伝えたい」という熱い想いで全国での講演活動、企業や協会のコミュニティコンサルタントに励み、活躍の場を大きく広げている

Published in 超個人的

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。